ホワイトニングのセミナーに出演します。

当院で提供しているウルトラデント社のホワイトニングのセミナー内で当院のインタビュー動画が掲載されることになりました。一般公開はしておりませんが、ホワイトニングを学ぶ医療関係者の方がいらっしゃいましたら是非ご覧ください。

雑誌「Number」に当院が掲載されました

スポーツ関連で有名な全国誌である「Number」に当院が掲載されました。

サッカー日本代表の余韻が残る中ですが、今回は通常よりも増刊号ということで、「アスリートケア最前線 医療エキスパートの声」という特集コーナーで紹介していただいております。

アスリートケアというと整形外科が思い浮かびますが、歯科もおおきく関連します。パフォーマンスを発揮するには噛む力(咬合力)が必要ですので、歯が失った方にはインプラントは有効な選択肢と考えます。また、親知らずの痛み腫れや、治療によって運動を中止せざるをえないアスリートの話をよく聞きます。当院の親知らず抜歯は痛み腫れを抑え治療期間を短くすることを目標としていますので、アスリートケアに貢献できるのではないかと考えます。

雑誌Numberはお近くのコンビニでも販売しておりますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。

 

他院で行ったインプラントも診ます

「過去に他院で行ったインプラントのメインテナンス代行やトラブル時の対応も行っております」

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯磨き次第ではご自身の歯よりも歯周病になりやすく、時にネジの緩み等も生じるため定期的なメインテナンスが必要となります。高級車や時計のオーバーホールをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。過去に他院でインプラント治療をされ、転居等の理由でフォローが途絶えてしまった方、かかりつけ歯科があるけどインプラントは管理してもらっていない方がいましたらご気軽にご相談ください。ネジの緩みなどのインプラントのトラブルの相談窓口も行っておりますのでご気軽にご相談ください。インプラントに関連する初診料は11,000円となります。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

インプラント治療費が施設間で異なる理由②

「インプラント治療費が施設間で異なる理由の二つ目は、提供する医療自体に差があるためです。

インプラント治療は、高度な技術を伴う治療です。一般歯科診療とは異なり、歯科医師には専門知識や技術、歯科医院には手術器材や設備環境が必要となります。また、十分な診療時間も必要です。しかし、インプラント治療を提供している歯科医院の多くは、様々な診療と並行しながら行っているため、多くの時間を費やすことはできないのが現状です。
また、多くの臨床経験や実績を持ち、専門資格を所有する歯科医師は稀で、真のインプラント専門家は少ないのが実際です。
インプラント治療は手術を伴います。手術はお身体にも影響を与えますので、ご高齢や基礎疾患のある方には様々な配慮が必要です。安全な手術を提供するためには、歯科医師だけでなくスタッフにおいても歯学だけでなく医学の知識も持ち、モニターなどの設備環境も必要となります。また、手術の成功率や痛みや腫れ等は術者に依存する場合もあります。
インプラントの方向がずれたり、浮いた状態で固定されてしまうと、咀嚼障害や腫れや痛みを繰り返すことがあります。骨に固定される治療のため、一度治療を受けると簡単にやり直しができないのがインプラント治療の問題点でもあります。

インプラントを希望する患者さんは皆、一大決心されて治療に臨まれています。後悔のないように確実な結果をお求めであれば、経験値と実績のあるインプラント治療の専門家が担当し、設備環境やスタッフが整い、確実で安全な医療を提供してもらえる歯科医院を選択されることをお勧めします。
歯科医院選びに悩まれていましたら、あくまで一意見として参考にしていただければと思います。

 

インプラント治療費が施設間で異なる理由①

「インプラント治療費が施設間で異なる理由の一つは、提供するインプラントメーカーが異なるからです。」

・インプラント治療は保険適応外治療であり、材料一つ一つが精密で高価であるためどうしても治療費が高くなってしまいます。それでは治療費が施設間で微妙に異なる理由は何でしょうか?理由のなかで代表的なものが、「インプラントのメーカー」による材料費の違いです。価格が高いメーカーの方は性能や材質に優れると共に世界的な流通量が多いのが一般的です。逆に廉価なメーカーは市場や流通量が少ないため、扱っている歯科医院が少ないのが欠点です。現在30社程度のインプラントメーカーが国内に流通していますが、メーカーごとにパーツやネジの形状が異なるため、どのメーカーでも取り扱いできるというわけではありません。従って、特に転居など将来的に歯科医院を変更する可能性がある方に関してはメジャーブランドを選択されることを勧め致します。

・当院は「ストローマンインプラント」を第一選択としています。ストローマン社は世界で最も使用され、最も実績のあるスイス製のブランドです。平均的な相場よりも安く患者さんに提供はできませんが、生体内に接合し長期的に生活を共にすることを考慮すると、メリットが大きいことが分かっていただけるのではないかと思います。

ストローマンについて (straumann.com)

インプラント治療のストローマンとは?|特徴・主なインプラントメーカーを紹介 – インプラントDOC (implant-supple.com)

インプラント症例報告vo.6  下顎第二大臼歯

症例は30代男性。以前から右下の第二大臼歯が口腔内で唯一の失活歯であり、歯根破折に至り抜歯となった方。最後方歯である第二大臼歯が1本欠損しても、咀嚼機能はある程度保たれるため、すべての患者さんにインプラント治療をお勧めしているわけではありませんが、本患者さんでは、対合歯を含めた残存歯はすべて存在しており、咬合力も強く、欠損による生活の質(QOL)の低下が予測されるケースでしたので、インプラント治療を行っております。上部構造装着後は、歯と同じように噛めるとのことで非常に好評をいただいております。第二臼歯部のインプラント治療は、見た目ではなく、機能回復を主としておりますが、前述したようにお勧めできないケースもございますので実際にご相談ください。

当院の親知らず抜歯について

当院は「完全自由診療」のクリニックです。「親知らず抜歯」に関しては、一般的な歯科医院や病院歯科で提供している「保険診療の親知らず抜歯」に差別化を図るべく、なるべく痛みや腫れを抑えたい方、抜歯に苦手意識や恐怖心がある方、通院日や回数などに悩みを抱える方々を対象に非常に好評をいただいております。年末年始の予約に若干空きがございますので、悩んでいる方はお早めにどうぞ。*初診当日の抜歯は行っておりません。

治療費の目安:一般的な下顎の横向きの親知らずの場合、①初回は初診料5500+CTで7700円。②抜歯当日は再診料990円+抜歯16500円+薬代1000円前後で約18500円~19000円程度。③1週間後に抜糸990円で終了です。保険診療よりも抜歯自体の費用は若干高くなりますが、関連性のない検査、管理料の算定は行いません。

当院で抜歯した方の術後経過:鎮痛剤の使用期間は1、2日程度で、腫れは個人差がありますが、軽度の方がほとんどです。ドライソケット(治癒不全)はほぼ見られません。痛み腫れを完全に0にすることは難しいですが、保険診療の抜歯と比較すると差を実感しております。また、傷口がふさがりやすく、食べ物が挟まりにくくなるのが特徴です。

お願い:当院は同時刻に患者さん同士が極力重ならないように原則1名に限定し診察をしております。感染症の罹患や天候不良によるやむをえない場合を除き、直前のキャンセルはお控えください。また、神経障害等の合併症のハイリスク症例、全身麻酔適応と判断する症例、保険診療が推奨される症例、非常に神経質な方、クレーマーの方、金銭的な制約のある方に関しては抜歯をお断りするもしくは他の保険医療機関をお勧めする場合もございますのでご理解のほど宜しくお願い致します。

 

インプラント手術をリラックスして行っていただくために。

インプラントはしたいけど、手術に恐怖心がある、リラックスした状態で手術を行いたいとお考えの方は多いと思います。当院のインプラント手術時は「笑気鎮静麻酔法(以下笑気麻酔)」もしくは「静脈内鎮静麻酔法(以下静脈麻酔)」を併用しております。県内で提供している開業歯科医院は希少ですので、是非歯科医院選びの参考にしていただければ幸いです。

「笑気麻酔」は「亜酸化窒素」というガスを鼻から吸入してもらい、緊張を取り除きます。手術中の意識はありますが、例えると「ほろ酔い」のように体が温かくなったりリラックスしたり軽度の嘔吐反射を改善する効果があります。車の通院が可能です。「静脈麻酔」は、点滴からお薬を注入し、手術中は「寝ている状態」か、「寝ぼけた状態」で、「目が覚めたら手術が終わっている」という状況も提供することが可能です。中等度の嘔吐反射の方にも有効です。こちらは当日の車の運転は不可となります。料金は笑気麻酔が16500円、静脈麻酔は77000円となります。麻酔はいずれも「ベテラン歯科麻酔医」が担当しますのでご安心ください。

設備と特徴 – 新潟市中央区 | インプラントと親知らず抜歯のかつみ歯科口腔外科 (katsumidental.com)

 

インプラント症例報告vo.5  下顎延長ブリッジ

インプラント症例報告vo.5  下顎延長ブリッジ(近心カンチレバーブリッジ)

右側下顎の3歯分の欠損に対し、当初は両サイドに2本埋入するブリッジを予定しましたが、右下4番部の抜歯窩の治癒が不十分のため、4への埋入は避け、6番と5番に埋入する延長ブリッジ(近心カンチレバー)タイプへ計画を変更。インプラントの安定もよく、最終的に非常にきれいな補綴物が入りました。