2023年は1月5日から開始します。

あけましておめでとうございます。昨年末は特に親知らず抜歯の患者さんに多く来院いただきました。新年は1月5日から予定しております。まだ午前中と夕方の予約に空きがございますので、もし親知らず抜歯やインプラント治療をご希望される方はご予約お待ちしております。当院では数多くの歯科医院との差別化と自身がこれまで培った専門技術を提供するために完全自由診療とし、専門診療に特化し1日の患者数を限定させていただいております。具体的な診療内容はHP内の診療メニューをご確認ください。どうぞ宜しくお願い致します。

コロナワクチンと歯科手術は間隔をあけることをお勧めします。

現在コロナワクチン5回目接種が始まっているようです。日本口腔外科学会からの提言(令和3年6月)にて、抜歯などの局所麻酔手術はコロナワクチン接種の 1 週間以上前に完了させ、接種後は3日以上経過し副反応が軽度な場合に行うことを推奨しています。当院もこれに準じて対応しておりますので、今後抜歯やインプラント治療を予定している方は事前に把握していただければ幸いです。

年内最終診療日は12月28日(水)AMです。

年内最終診療日は12月28日(水)午前です。水曜日は通常休診日ですが、午前中のみ行います。

同日は診察が必要な再来患者さんのみを対象とし、新患予約はお断りさせていただきます。

親知らず抜歯等の手術は長期休暇前の年末に実施することはできませんので、年内の完了をご希望の方は、お早目に予約および受診することをお勧めします。

尚、年明けは1月5日(木)から開始しますので宜しくお願い致します。

11月22日(火)は休診となります。

11月22日(火)の診療は急遽休診とさせていただきます。ご予約の方には大変ご迷惑をおかけしました。尚、午前中のみ電話受付は承りますので何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

院長 勝見祐二

当院院長の記事がデンタルダイヤモンド9月号に掲載されました。

この度、わたくし院長の記事が歯科商業誌デンタルダイヤモンド9月号のトップページの巻頭特集(全21頁)に掲載されました。インプラントの臨床解剖学「口底部血管走行を知れば百戦危うからず」と題し、下顎骨インプラント手術に関連する口底部の血管走行に関して、長年新潟大学で研究してきた解剖学の成果と、現在のインプラント臨床医の立場でまとめております。

夏季休暇に伴い休診と急患対応について

8月10日(水)から8月14日(日)に期間はお盆休みで休診となります。留守番電話のメッセージが気づかない場合がございます。もしその期間に何かトラブル(例えばインプラントが取れた、歯が腫れてきた、痛いなど)がございましたら、HP内にある「お問い合わせ」からメールでご連絡をお願いします。予約変更やキャンセルに関しては8月15日以降に承ります。どうぞよろしくお願い致します。